為替予約

This topic contains 1 reply, has 1 voice, and was last updated by  Name 1 year, 11 months ago.

Viewing 2 posts - 1 through 2 (of 2 total)
  • Author
    Posts
  • #49295 Reply

    Name

    為替予約の独立処理に用いられる為替予約勘定の計上意義は疑わしいと思います。先物取引に用いられる先物資産等の勘定は、その効果または価値つまり資産負債性を示すのにたいして、為替予約勘定は単に予約日の前後差による得失差を示すのみで、予約じたいの価値を示さないからです。強いて言えば経済情勢の過去の変動を示すものと言えますが、それを示してみても予約日の予約レートは確定しており、絵に書いた餅で、やり直せるものでもないのです。言わば税効果会計の永久差異同様将来に影響のある資産負債ではないということです。間違えてはならないのは、為替予約勘定は先物取引の様に決算日に決済を擬制するものではなく、無意味な再予約を擬制する点です。これでは一からやり直している意味しか ありません。ついでながら、一緒に計上される為替差損益も純粋な経済情勢の変動を反映するのみと思います。以上私見を述べさせていただきました。ご賛同の方がいらっしゃれば幸いです。

    #49852 Reply

    Name

    誰も読んでいないかも知れませんが、為替予約の独立処理についての前回の内容をもっと分かりやすく述べたいと思います。つまりもし決算日にレートを予約するよりも実際の予約日にレートを予約していたことがある金額だけ有利であっても、実際には決算日には予約していないので、その有利な金額(利益)が実現することはないということ、言い換えれば決算日の予約からはマイナスの利益が発生していて、予約日の予約からはプラスマイナス0の利益が発生していると言えます。それにもかかわらず、決算日に予約日の予約の効果(プラスの利益)が発生しているかのような誤解がまことしやかに説かれているというわけです。賛同できる方は是非コメントしてください。

Viewing 2 posts - 1 through 2 (of 2 total)
Reply To: 為替予約
Your information:




第145回日商簿記検定まで
あと( 213 日オーバー!)日
ページ上部へ戻る