満期保有目的債券の為替予約

Cloud簿記検定 Forums 簿記質問掲示板 満期保有目的債券の為替予約

This topic contains 6 replies, has 2 voices, and was last updated by  ちゃーはん 3 years, 3 months ago.

Viewing 7 posts - 1 through 7 (of 7 total)
  • Author
    Posts
  • #1527 Reply

    ちゃーはん

    満期保有目的債券に為替予約を付した場合の問題の仕訳について質問なんですが、問題は
    ×1年10月1日(直物1ドル90円)満期保有目的で社債取得。
    (額面400,000ドル、取得原価392,000ドル、償還日×6年9月30日)
    償還金額に係る為替相場の変動リスクを回避する目的で、取得と同時に×6年9月30日を受渡期日とするドル売り為替予約400,000ドルを1ドル87円で行っている。
    ×2年3月31日決算日の仕訳を示せという問題です。

    解答は
    為替差損益 48,000/長期前払費用144,000
    前払費用 96,000
    なんですが、一括で長期前払費用ではだめなのですか?
    仕訳の意味がよくわからないです。
    よろしくお願いします。

    #1529 Reply

    あそ〜ん
    Keymaster

    本当にそのように書いているなら私も?です。

    まず、通常為替予約の際の前払費用は純粋に長短分類しないはずです。(別にやってはいけないことはないはずですが)
    決済日まで1年以内になったら全額「前払費用」に振替えるが基本かと。

    もっと謎なのはその仕訳の金額です。その金額にするための式はわかったのですが、本当にそれで合っているのか悩み中です。
    それでは、償却原価の額が為替差益に含まれてしまっているのでおかしいと思っています。(私がド忘れてしまっているだけかもしれませんが)
    一度調べて考えてみます。その仕訳の意味はわかるのですが、このことを解決してからでいいですか?おそらく明日中には書き込みます。
    一応、どの教材に載っていた問題かと、金利の調整についてや償却原価についての指示があるか教えてもらえませんか?

    #1531 Reply

    ちゃーはん

    すみません(;☉_☉)
    問題文で、額面金額と取得原価との差額は金利の調整と認められる。
    クーポン利息については考慮外。
    というのは省いて書いてしまいました。

    この問題は2014年5月用のLECのパワーアップ答練の第一回、問題19です。

    ちなみに解説では
    為替差損益48,000は、為替予約差額480,000✖︎当期6月(×1/10〜×2/3)/60月(×1/10〜6/9)=48,000

    前払費用96,000は為替予約差額480,000×次期12月/60月(×1/10〜×6/9)=96,000
    と書いてあります。
    長期前払費用の計算は書いてありません。

    明日中でも明後日でもいつでも大丈夫です。
    お忙しい中すみません(;☉_☉)
    よろしくお願いします(xдx;)

    #1534 Reply

    あそ〜ん
    Keymaster

    すみません。処理については正しかったみたいです。
    実務指針14にばっちり書いていました。それらの金額は正しいです。為替変動リスクと、金利調整差額をひとまとめに「為替差損益」とするのはちょっとおかしいはずなんですが、、実務指針がそういっているならあってますね。しかしLECもマイナーな計算を出しますね!さすが!

    てか、この問題の取引不思議ですけどね。こんなこと言い出したら駄目なんですけど、ドルってことはアメリカでしょ?で、その債券を購入して、購入したそばから為替予約により将来に480,000円の損失を確定させるっておかしいですね。仮にクーポン利息を考慮しても米国債等であればプラスになるかどうかわからないorなったとしてもリスクに見合ったリターンではない、ってとこが面白いですね。はじめからそんな債券買うなよって思いますw

    すいません、脱線して。仕訳の意味に関しては簡単ですよ。
    (400,000ドル×87円)ー(392,000×90円)=△480,000円
    (購入日の仕訳)
    満期保有34,800,000/現金等35,280,000
    長期前払費用480,000

    これは将来入ってくるお金ー購入代金で、480,000円の損失が確定といえます。これを単に×1年10月1日から×6年9月30日まで月数按分しているだけです。5年間にわたってこの損失を計上していくという意味。
    当期分は×1年10月1日~×2年3月31日で6ヶ月。計算すると48,000円(為替差損)を損益認識することになりますよね?

    一方、前払費用96,000は1年以内に費用化されるため、12か月分を振り替えているだけですが。。
    その前払費用に関しては、間違っている可能性が高いです。為替予約で出てくる前受収益などは、純粋な経過勘定科目とは別物であり、厳密に長短分類しないものです。(会計士協会の実務指針でもそのようにしています)
    そのため真の答えは以下の仕訳になるはずです。

    為替差損益 48,000/長期前払費用48,000

    #1535 Reply

    ちゃーはん

    なるほど!
    間違ってる可能性があるわけなんですね(xдx;)
    長短分類しないのが普通ということですか!
    いろいろ調べていただいてありがとうございます。
    ものすごくわかりやすくて助かりました!

    LECはマイナーな問題もよく出すって聞いてましたが、この問題もその一つなんですね(笑)
    それにこの問題の債券の意味のなさ笑
    おもしろいですね(笑)

    退職給付制度の終了の論点もマイナー論点ですかね?

    #1537 Reply

    あそ〜ん
    Keymaster

    いや、tacや大原では「1ねん以内に予約終了」の時に全部を前払費用へ振り返ると教えているはずです。
    つまりその場合、5年3/31に全額を振り返えます。それまでは、全部長期前払費用です。
    退職給付終了とか本試験で出題されているのを見たことないですね。
    しかしLecは高山トレーニング用にいいんですよ。私も受験時代LECのトウレン回しまくって高負荷筋力アップした後、TACや大原に戻ってきたら楽勝に感じたのを思い出します。

    #1539 Reply

    ちゃーはん

    全部が長期前払費用なんですね!
    そこから短期前払費用には分類はしないということですか。

    そうなんですか(*゚ロ゚)!!
    では、私も高負荷筋力アップさせてがんばります!

    モヤモヤを取り払っていただきありがとうございました。
    またよろしくお願いしますorz

Viewing 7 posts - 1 through 7 (of 7 total)
Reply To: 満期保有目的債券の為替予約
Your information:




第145回日商簿記検定まで
あと( 272 日オーバー!)日
ページ上部へ戻る