実戦テキスト簿記論 中央経済社 著者小林秀行氏の主張

Cloud簿記検定 Forums 簿記質問掲示板 実戦テキスト簿記論 中央経済社 著者小林秀行氏の主張

This topic contains 1 reply, has 1 voice, and was last updated by  (+_+) 1 year, 6 months ago.

Viewing 2 posts - 1 through 2 (of 2 total)
  • Author
    Posts
  • #80757 Reply

    (+_+)

    著者は転換型新株予約権付社債の権利行使時、(借)社債 新株予約権
    (貸)社債償還益 資本金 資本準備金 の処理を行い、借方の社債の償却累計額(社債利息)を社債償還益で消去して、発行時の払込価額に修正するのだと主張する。その根拠は社債の償却額は利益剰余金に由来するため、資本金に組入れる事は資本と利益の混同にあたるからだとする。しかし、資本金組入れ額は当該新株予約権付社債の発行時に、株主総会または取締役会の決議を経ており、社債償還益と資本金の増加取引を同時に認識する事こそ、資本取引と損益取引の混同にあたるとされ、結局社債の償却原価そのものを資本金に組入れる事が、今日の適切な会計処理となっているのは言うまでもない。

    #80782 Reply

    (+_+)

    なお、中央経済社は、上記の著者の見解を尊重?して、当該書籍の訂正は行わないとしている。

Viewing 2 posts - 1 through 2 (of 2 total)
Reply To: 実戦テキスト簿記論 中央経済社 著者小林秀行氏の主張
Your information:




第145回日商簿記検定まで
あと( 212 日オーバー!)日
ページ上部へ戻る