Reply To: 会計上の変更の問題

Cloud簿記検定 Forums 簿記質問掲示板 会計上の変更の問題 Reply To: 会計上の変更の問題

#1282 Reply

あそ〜ん
Keymaster

会計方針の変更によってストックが変動しますよね?

そしてまずしっかり押さえないといけないのは、

『資産が増える=費用が減る』『資産が減る=費用が増える』という関係を理解することです。

例えば、固定資産を思い浮かべてもらうとわかりますが、
減価償却費が大きくなると、その期の固定資産の帳簿価額は小さくなりますよね。

この考えを基本において、

×1年の期首商品が増えるということは、
×0年の利益剰余金が増える(×0年の費用が減るので)

×1年の期末商品が増えるということは、
×1年の売上原価が減るということです。

それを表しているのが、あの仕訳なんですよ。

税効果についてですが、繰延税金負債が増えているの間違いですよね?

考え方としては、×1年度には、商品は平均法で評価していた。
そして、法人税計算上も平均法で申告していたはずです。(税効果の発生なし)

しかし×2年になって先入先出法に変え、遡及適用で×1年の商品も先入先出法で評価していたことに修正されますが、
法人税の計算は終わっているため、×1年の法人税は確定している(商品は平均法のまま)

そこに、会計上の資産と税務上の資産の差額が生まれてしまい、税効果が適用されます。

この場合、
会計上の資産>税務上の資産
なので繰延税金負債です。

第145回日商簿記検定まで
あと( 212 日オーバー!)日
ページ上部へ戻る